スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第38話 羽生 善治 最強伝説


羽生 善治 最強伝説

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、将棋棋士。

史上初の、いわゆる「永世六冠」(永世名人、永世棋聖、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将)を達成。

史上初のタイトル七冠独占

そもそも奨励会に入るのが超難関の中、
その中でほんの一握りの人間がはれてプロになる狭き門を潜り
プロという魔人が犇く中でタイトルを獲得するのは非常に名誉でありまた極めて困難な偉業である中で
全タイトル獲得(名人、棋聖、王位、王座、竜王、王将、棋王)を達成するのは
神の御業としか言えない


史上8人目の通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を史上最年少、最速、最高勝率で達成。

終盤での絶妙の勝負手あるいは手渡し、他の棋士が思いつかないような独特な寄せ手順から逆転することは
主に若手時代、「羽生マジック」と呼ばれた。

中原誠は、49期王位戦特集にて「オールラウンドプレーヤーで欠点がない。歴史上初の棋士。」と評した。

「1回の対局で3キロぐらいは痩せる」

プロデビューして間もない低段時代には、上目で相手をにらみつける(ように見える)「ハブにらみ」が相手を恐れさせたとされる。

対局時の寝癖がトレードマーク

チェスも超一流の腕前で日本チェス協会の「FIDE Master」の称号を持つ。

ひふみんとは何時間も会話ができる。

小学6年生のときに二上達也9段(後の将棋連盟会長)に入門する際に試験代りとして
飛車落ち戦を行うが師匠に勝ってしまう。入門試験で師匠に勝ったのは羽生のみ。

携帯電話を持っていないので、度数の高いテレホンカードを常に所持

電波少年において松村邦洋と対戦し、19枚落ち(羽生は王将のみ)で対戦するが勝利する

1994~2000年の間で2回しか負けていない

名人戦の最中に将棋普及のため北京で公演して、帰国後に再開した名人戦に勝利する


何気にイケメンであり、嫁さんが元アイドル
スポンサーサイト
関連記事
カテゴリ
★TOPへ戻る
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム
お知らせ等
アクセスカウンタ
2012/05/20 20:00設置
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。