スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32話 山田うどん 最強伝説

山田うどん_01


埼玉県を代表する企業で、関東地方1都6県で183店舗を展開。

駐車場が広く入りやすいので、トラックドライバーのオアシス。

北関東のソウルフード。おふくろの味。実際パートのおばちゃんが多い。

基本的に料理が早い。遅いときは調理場の殺伐とした状況を楽しむのが通。

山田うどん_02


「お待たせしましたぁ」言いながら注文した料理を持ってくるが、店員と目を合わせてはいけない。

なぜならそれは隣のテーブルの注文であり、赤っ恥をかくだけだ。

その場合のごまかし方は主に次の通り。

●壁に貼ってあるメニューを見てたんだよ系

●おもむろにテーブルに置いてあるソースなどを確かめる系

●黙々とうどんをすするオッサンを眺めてたんだよ系


注文した料理が自分のテーブルに置かれて「お、来たのか」位の磐石さが大切。

低価格・ボリューム・スピード三拍子揃った日本を代表するファストフード。

山田うどん_03


店内や料理に「昭和の薫り」が漂う、ちょっとノスタルジックで心落ち着く空間。

躾の悪い子供がいると、他の客の殺気が高まり一気に緊迫感が上がる。空気を察知した店員は、緊張のあまりキッチンで何か落とすほど。

店内で同級生を見かけても無視するのが鉄則。
ここは日々の生活や仕事の責任を両肩に背負う男が集う場所だからだ。

関東以外の人は、機会があったらぜひ山田うどんに来て欲しい。
味の旨い不味いは人それぞれ。この山田うどん的世界を体験すれば、男なら何か心に感じるはず。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
★TOPへ戻る
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム
お知らせ等
アクセスカウンタ
2012/05/20 20:00設置
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。