スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41話 米長邦雄 最強伝説

・枡田幸三に「彼だけは会長にしてはいけない」と言われていた。あだ名は「オラウータン」

・「自分にとっては消化試合でも、相手にとって重要な対局であれば、相手を全力で負かす」

・自分自身のサイトから情報を発信しており、
 「個人的な発言なのか、連盟会長としての発言なのか」と将棋界を混乱に巻き込む

・「『させてくれ』と女にお願いしているうちは半人前である
 「鍛練して『してください』と頼まれるようにならなければいけない。
なおかつ、そのお願いに充分に応えられなくてはならない」

・Q.ストレス解消法は?A.「口に出すわけにはいかない」

・携帯サイトで「米長邦雄のさわやかイロザンゲ」を連載。
 内容はモテる秘訣、自身の過去についての赤裸々な告白だった

・49歳11ヶ月で名人位を獲得(50才名人)

名人位を取った際「帰ったら、セックスしよう」と妻に電話

朝早くのさわやかな時間にラジオ番組を担当「米長邦雄・人生さわやか流」。
 内容は女性遍歴や不倫経験を赤裸々に告白する。

・タイトル戦の打ち上げで、お酌に来た芸者に、おもむろに浴衣の裾を開いて米長玉を見せる。

・劣勢になると局面を複雑にする手を指して逆転を狙う棋風から、「泥沼流」と呼ばれる。
 本人の見た目から「さわやか流」とも呼ばれた

・将棋雑誌でプレゼントの色紙に書いた言葉「TOTOが あたたまるころ 尻をふき」

・奨励会員の時に、将棋会館の二階から放尿
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
★TOPへ戻る
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント
メールフォーム
お知らせ等
アクセスカウンタ
2012/05/20 20:00設置
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。